menu

頭頸部がんに対する国際共同治験の解明 :毒性を管理しつつ転帰を改善するアプローチの確認

Be part of the knowledge.
Register

We’re glad to see you’re enjoying ReachMD…
but how about a more personalized experience?

Register for free

頭頸部がんに対する国際共同治験の解明 :毒性を管理しつつ転帰を改善するアプローチの確認

0.25 credits
15 分
ReachMD Healthcare Image
Restart
Resume
Read full article
Choose a format
Get your free creditsSkip straight to the post-test if you have already participated in this activity
Media formats available:
0.25 credits
A pre-test is required to view this content.
A pre-survey is required to view this content.
Details
Presenters
Comments
  • Overview

    再発または転移性頭頸部扁平上皮がん(SCCHN)患者に対して個人に合わせた治療計画を考案することは、ますます必要不可欠かつ複雑になっています。新レジメンは、全生存期間で有効性が示され、毒性の軽減が見られたので標準治療になりました。そこで、今や治療の武器となったそれらをどのように使用すればいいのでしょう?

    博士Joël GuigayとKevin Harrington 両博士が、SCCHN に対する標準治療としてIOの役割を探り、フルオロウラシルを基本とした化学療法レジメンの依存度を減らすタキサン系薬剤の可能性について議論します。SCCHN患者のニーズを満たすために耳を傾けてください。

  • 利益相反の開示

    ACCMEのStandards for Integrity and Independenceに従い、Global Learning Collaborative (GLC) は、教育活動の内容を管理する立場にある個人が、不適格な企業と関連する金銭関係をすべて開示することを要求しています。GLCは、すべての教育プログラムにおける独立性、客観性、バランスおよび科学的厳密さを確保するために、すべての利益相反を解決します。

    教員:

    Joël Guigay, MD, PhD
    内科教授
    Centre Antoine-Lacassagne
    Université Côte d’Azur
    ニース、フランス

    協賛:ブリストル・マイヤーズ スクイブ、Merck SD、メルクセローノ、ナノバイオティクス

    Kevin J. Harrington, MD
    放射線治療、イメージング部部長
    The Institute of Cancer Research
    ロンドン、イギリス

    謝礼: Merck Sharp and Dohme、アムジェン、メルクセローノ、アストラゼネカ/メドイミューン、ベーリンガーインゲルハイム、ブリストル・マイヤーズ スクイブ、ファイザー、Replimune、オンコリスバイオファーマ、Mersana
    顧問料と協賛: アストラゼネカ/メドイミューン、ベーリンガーインゲルハイム、ブリストル・マイヤーズ スクイブ、メルクセローノ、Merck Sharp and Dohme、ファイザー、Replimune
    スピーカース・ビューロー: ブリストル・マイヤーズ スクイブ、Merck Sharp and Dohme、メルクセローノ
    研究資金: アストラゼネカ、ベーリンガーインゲルハイム、Merck Sharp and Dohme、Replimune

    査読者/コンテンツプランナー/著者:

    • Jorge Bacigalupoは開示するものがありません。
    • Ann Earlyは開示するものがありません。
    • Nicole Fox、DNP、MSN-Ed、RN、OCNは開示するものがありません。
    • Brian P. McDonough, MD, FAAFP は開示するものがありません。
    • Anna Trentiniは開示するものがありません
  • 学習の目的

    本教育活動に参加した後、参加者は以下のことができるようになります:

    • R/M SCCHN患者に対して、良好な全生存期間かつ毒性の軽減をもたらす治療法を考案する
    • R/M SCCHNの治療において、タキサン系薬剤とモノクローナル抗体との併用の現状と今後の重要性を議論する。
  • 対象参加者

    この活動は、ヨーロッパおよび中国・アジア太平洋地域において、頭頚部がん患者の治療にあたる腫瘍内科医、放射線腫瘍医、病理医およびHCPの教育的ニーズを満たすために企画されました。

  • 認定と単位指定

    Global Learning Collaborative (GLC) は、このポッドキャスト活動を最大.25 AMA PRA Category 1 Creditsに指定します。医師は、活動への参加の程度に見合った単位のみを請求してください。

    Global Learning Collaborative (GLC) は、この活動を .25 看護師意見交換時間に指定します。看護師は、活動への参加の程度に見合った単位のみを請求してください。

  • プロバイダー

    AGILEAcademy for Interprofessional Learning and Education-は、幅広い疾患や臨床症状を対象とした教育を設計、開発、提供しています。当学会の使命は、医療従事者の能力、実績、および治療成績の向上に役立つ臨床情報の信頼のおける情報源として奉仕することです

  • 経済的支援

    本活動は、Healthcare business of Merck KGaA, Darmstadt, Germanyから、独立した教育助成金の支援を受けています。

  • 免責条項

    本教育活動で示された見解や意見は、教員のものであり、必ずしもGLCおよびAGILEの見解を示すものではありません。本プレゼンテーションは、患者管理の独占的な方法の定義を意図したものではありません;ここで提供された情報を適用したり、専門的に使用するために採用したりする際に、参加者は、自らの臨床的判断、知識、経験、診断スキルを用いる必要があります。本活動で議論または提案された手順、治療薬、その他の診断や治療方法を、患者の状態や使用上の禁忌や危険性を評価したり、該当するメーカーの製品情報を確認したり、他の機関の推奨事項と比較したりすることなく臨床医が使用してはいけません。他のサイトへのリンクは、追加の情報源として提供されることがあります。AGILE以外のサイトへのリンクを選択された場合、そのサイトの著作権や使用許諾の制限を含む使用条件に従うことになります。

    複製禁止
    著作権者の書面による許可なく複製はできません。
    免責条項:本活動で取り上げた製品の中には、米国FDAによる規制当局の承認を受けていないものがあります。FDAは、「優れた医療行為と患者の最善の利益のためには、医師が最善の知識と判断に基づいて、合法的に入手可能な医薬品、生物製剤、機器を使用することが必要である 」と述べています。  

  • System Requirements

    Our site requires a computer, tablet, or mobile device and a connection to the Internet. For best results, a high-speed Internet connection is recommended (DSL/Cable/Fibre). We also recommend using the latest version of your favorite browser to ensure compliance with W3C standards, such as Chrome, Safari, Firefox, or Microsoft Edge.

  • Publication Dates

    Release Date:

    Expiration Date:

Facebook Comments

Recommended
Details
Presenters
Comments
  • Overview

    再発または転移性頭頸部扁平上皮がん(SCCHN)患者に対して個人に合わせた治療計画を考案することは、ますます必要不可欠かつ複雑になっています。新レジメンは、全生存期間で有効性が示され、毒性の軽減が見られたので標準治療になりました。そこで、今や治療の武器となったそれらをどのように使用すればいいのでしょう?

    博士Joël GuigayとKevin Harrington 両博士が、SCCHN に対する標準治療としてIOの役割を探り、フルオロウラシルを基本とした化学療法レジメンの依存度を減らすタキサン系薬剤の可能性について議論します。SCCHN患者のニーズを満たすために耳を傾けてください。

  • 利益相反の開示

    ACCMEのStandards for Integrity and Independenceに従い、Global Learning Collaborative (GLC) は、教育活動の内容を管理する立場にある個人が、不適格な企業と関連する金銭関係をすべて開示することを要求しています。GLCは、すべての教育プログラムにおける独立性、客観性、バランスおよび科学的厳密さを確保するために、すべての利益相反を解決します。

    教員:

    Joël Guigay, MD, PhD
    内科教授
    Centre Antoine-Lacassagne
    Université Côte d’Azur
    ニース、フランス

    協賛:ブリストル・マイヤーズ スクイブ、Merck SD、メルクセローノ、ナノバイオティクス

    Kevin J. Harrington, MD
    放射線治療、イメージング部部長
    The Institute of Cancer Research
    ロンドン、イギリス

    謝礼: Merck Sharp and Dohme、アムジェン、メルクセローノ、アストラゼネカ/メドイミューン、ベーリンガーインゲルハイム、ブリストル・マイヤーズ スクイブ、ファイザー、Replimune、オンコリスバイオファーマ、Mersana
    顧問料と協賛: アストラゼネカ/メドイミューン、ベーリンガーインゲルハイム、ブリストル・マイヤーズ スクイブ、メルクセローノ、Merck Sharp and Dohme、ファイザー、Replimune
    スピーカース・ビューロー: ブリストル・マイヤーズ スクイブ、Merck Sharp and Dohme、メルクセローノ
    研究資金: アストラゼネカ、ベーリンガーインゲルハイム、Merck Sharp and Dohme、Replimune

    査読者/コンテンツプランナー/著者:

    • Jorge Bacigalupoは開示するものがありません。
    • Ann Earlyは開示するものがありません。
    • Nicole Fox、DNP、MSN-Ed、RN、OCNは開示するものがありません。
    • Brian P. McDonough, MD, FAAFP は開示するものがありません。
    • Anna Trentiniは開示するものがありません
  • 学習の目的

    本教育活動に参加した後、参加者は以下のことができるようになります:

    • R/M SCCHN患者に対して、良好な全生存期間かつ毒性の軽減をもたらす治療法を考案する
    • R/M SCCHNの治療において、タキサン系薬剤とモノクローナル抗体との併用の現状と今後の重要性を議論する。
  • 対象参加者

    この活動は、ヨーロッパおよび中国・アジア太平洋地域において、頭頚部がん患者の治療にあたる腫瘍内科医、放射線腫瘍医、病理医およびHCPの教育的ニーズを満たすために企画されました。

  • 認定と単位指定

    Global Learning Collaborative (GLC) は、このポッドキャスト活動を最大.25 AMA PRA Category 1 Creditsに指定します。医師は、活動への参加の程度に見合った単位のみを請求してください。

    Global Learning Collaborative (GLC) は、この活動を .25 看護師意見交換時間に指定します。看護師は、活動への参加の程度に見合った単位のみを請求してください。

  • プロバイダー

    AGILEAcademy for Interprofessional Learning and Education-は、幅広い疾患や臨床症状を対象とした教育を設計、開発、提供しています。当学会の使命は、医療従事者の能力、実績、および治療成績の向上に役立つ臨床情報の信頼のおける情報源として奉仕することです

  • 経済的支援

    本活動は、Healthcare business of Merck KGaA, Darmstadt, Germanyから、独立した教育助成金の支援を受けています。

  • 免責条項

    本教育活動で示された見解や意見は、教員のものであり、必ずしもGLCおよびAGILEの見解を示すものではありません。本プレゼンテーションは、患者管理の独占的な方法の定義を意図したものではありません;ここで提供された情報を適用したり、専門的に使用するために採用したりする際に、参加者は、自らの臨床的判断、知識、経験、診断スキルを用いる必要があります。本活動で議論または提案された手順、治療薬、その他の診断や治療方法を、患者の状態や使用上の禁忌や危険性を評価したり、該当するメーカーの製品情報を確認したり、他の機関の推奨事項と比較したりすることなく臨床医が使用してはいけません。他のサイトへのリンクは、追加の情報源として提供されることがあります。AGILE以外のサイトへのリンクを選択された場合、そのサイトの著作権や使用許諾の制限を含む使用条件に従うことになります。

    複製禁止
    著作権者の書面による許可なく複製はできません。
    免責条項:本活動で取り上げた製品の中には、米国FDAによる規制当局の承認を受けていないものがあります。FDAは、「優れた医療行為と患者の最善の利益のためには、医師が最善の知識と判断に基づいて、合法的に入手可能な医薬品、生物製剤、機器を使用することが必要である 」と述べています。  

  • System Requirements

    Our site requires a computer, tablet, or mobile device and a connection to the Internet. For best results, a high-speed Internet connection is recommended (DSL/Cable/Fibre). We also recommend using the latest version of your favorite browser to ensure compliance with W3C standards, such as Chrome, Safari, Firefox, or Microsoft Edge.

  • Publication Dates

    Release Date:

    Expiration Date:

Facebook Comments

Schedule18 Jan 2022
Webpack App