menu

セラピーギャップ:NSCLCの管理における新たなターゲットの発見

Be part of the knowledge.
Register

We’re glad to see you’re enjoying ReachMD…
but how about a more personalized experience?

Register for free

セラピーギャップ:NSCLCの管理における新たなターゲットの発見

close
0.25 credits
15 分
ReachMD Healthcare Image
Restart
Resume
Read full article
Choose a format
Get your free creditsSkip straight to the post-test if you have already participated in this activity
Media formats available:
0.25 credits
A pre-test is required to view this content.
A pre-survey is required to view this content.
Details
Presenters
Related
Comments
  • Overview

    METシグナルの制御異常は、発がんの過程で広く知られています。非小細胞肺がん(NSCLC)においては、METの3つのタイプの制御異常(増幅、過剰発現、遺伝子変異)がすべて実証されていますが、METのエクソン14スキップ変異は、これらの患者の約3~4%において主要な発がんドライバーとなっており、しばしば予後不良となります。Paul Paik博士とViola Zhu博士が、NSCLCの管理におけるMET遺伝子異常の検査の重要性とその関連性、特にMET遺伝子異常を有する患者に対する最近承認された新しい治療法に関連した話題を提供します。

  • 利益相反行為の開示について

    ACCME Standards for Commercial Supportに従い、Global Learning Collaborative (GLC) は、教育活動の内容を管理する立場にある個人が、商業的利益との関連する金銭関係をすべて開示することを要求しています。GLCは、すべての教育プログラムにおける独立性、客観性、バランス、科学的厳密さを確保するために、すべての利益相反を解決します。

    ホスト:
    Paul K. Paik, MD
    胸部腫瘍学クリニカルディレクター
    メモリアルスローン・ケタリングがんセンター
    ニューヨーク州ニューヨーク

    関連する資金的関係なし 

    教員:
    Viola Zhu, MD
    医学部准臨床教授
    カリフォルニア大学アーバイン校
    カリフォルニア州オレンジ

    関連する資金的関係なし  

    査読者/コンテンツプランナー/著者:

    • Jorge Bacigalupoは開示するものがありません。
    • Ann Earlyは開示するものがありません。
    • Barry A. Fiedel博士は、開示すべき情報はありません。
    • Ann Earlyは開示するものがありません。
    • Tricia O’Learyは開示するものがありません。
  • 学習目標

    本教育活動に参加した後、参加者は以下のことができるようになります:

    • 対象となる患者サブセットにおける治療標的としてのMET遺伝子異常を示す主要データの要約
    • MET阻害剤による治療が有効と思われるNSCLC患者の特定
  • 対象聴視者

    本活動は、USAおよび日本の腫瘍内科医と病理医の教育ニーズに応えるように設計されています。

  • 認定と単位認定について

    Global Learning Collaborativeは、Accreditation Council for Continuing Medical Education (ACCME)により、医師のための医学生涯教育の提供を認定されています。

    Global Learning Collaborativeは、この永続的な教材を最大0.25 AMA PRAカテゴリー1クレジット™に指定します。医師は、アクティビティへの参加の程度に見合った単位のみを請求してください。

    米国医師会は、欧州諸国の認定機関である欧州医療専門家連合(UEMS)と、医学生涯教育(CME)の単位を相互に承認する協定を結んでいます。AMA PRAカテゴリー1クレジットTM を UEMS-European Accreditation Council for Continuing Medical Education CME credits (ECMECs) に変換することに関心のある医師は、UEMS(mutualrecognition@uems.eu)にご連絡ください。

  • プロバイダー

    ReachMD Healthcare Image

    AGILEAcademy for Interprofessional Learning and Education)は、幅広い疾患や臨AMA床症状に対応した教育を企画、開発、提供しています。  私たちの使命は、医療従事者の能力、パフォーマンス、および患者の転帰を向上させるための臨床情報の信頼できる情報源としての役割を果たすことです。

  • 商業支援

    この活動は、ドイツのダルムシュタットにあるMerckKGaAのヘルスケア事業からの独立した教育助成金によってサポートされています。

  • 免責事項

    本教育アクティビティで述べられている見解や意見は、教員のものであり、必ずしもGLCおよびAGILEの見解を示すものではありません。このプレゼンテーションは、患者管理の排他的なコースを定義することを意図したものではありません。参加者は、ここで提供された情報を適用したり、専門的に使用するために採用したりする際には、自身の臨床的判断、知識、経験、および診断スキルを駆使する必要があります。このアクティビティで議論または提案された手順、薬、その他の診断や治療のコースは、臨床医が患者の状態を評価し、使用における禁忌や危険性の可能性を検討し、該当するメーカーの製品情報を確認し、他の機関の推奨事項と比較することなく使用するべきではありません。他のサイトへのリンクは、追加の情報源として提供されます。


    AGILE以外のサイトへのリンクを選択された場合には、そのサイトの著作権やライセンス制限を含む使用条件に従うことになります。

    複製の禁止

    著作権者の書面による許可なく、本資料を複製することはできません。

    免責事項:このアクティビティで取り上げられている製品の中には、患者の治療のために米国FDAによる規制上の承認を受けていないものがあります。FDAは、「優れた医療行為と患者の最善の利益のためには、医師が最善の知識と判断に基づいて、合法的に入手可能な医薬品、生物製剤、機器を使用することが必要である」と述べています。 

  • Publication Dates

    Release Date:

    Expiration Date:

Facebook Comments

Recommended
Details
Presenters
Related
Comments
  • Overview

    METシグナルの制御異常は、発がんの過程で広く知られています。非小細胞肺がん(NSCLC)においては、METの3つのタイプの制御異常(増幅、過剰発現、遺伝子変異)がすべて実証されていますが、METのエクソン14スキップ変異は、これらの患者の約3~4%において主要な発がんドライバーとなっており、しばしば予後不良となります。Paul Paik博士とViola Zhu博士が、NSCLCの管理におけるMET遺伝子異常の検査の重要性とその関連性、特にMET遺伝子異常を有する患者に対する最近承認された新しい治療法に関連した話題を提供します。

  • 利益相反行為の開示について

    ACCME Standards for Commercial Supportに従い、Global Learning Collaborative (GLC) は、教育活動の内容を管理する立場にある個人が、商業的利益との関連する金銭関係をすべて開示することを要求しています。GLCは、すべての教育プログラムにおける独立性、客観性、バランス、科学的厳密さを確保するために、すべての利益相反を解決します。

    ホスト:
    Paul K. Paik, MD
    胸部腫瘍学クリニカルディレクター
    メモリアルスローン・ケタリングがんセンター
    ニューヨーク州ニューヨーク

    関連する資金的関係なし 

    教員:
    Viola Zhu, MD
    医学部准臨床教授
    カリフォルニア大学アーバイン校
    カリフォルニア州オレンジ

    関連する資金的関係なし  

    査読者/コンテンツプランナー/著者:

    • Jorge Bacigalupoは開示するものがありません。
    • Ann Earlyは開示するものがありません。
    • Barry A. Fiedel博士は、開示すべき情報はありません。
    • Ann Earlyは開示するものがありません。
    • Tricia O’Learyは開示するものがありません。
  • 学習目標

    本教育活動に参加した後、参加者は以下のことができるようになります:

    • 対象となる患者サブセットにおける治療標的としてのMET遺伝子異常を示す主要データの要約
    • MET阻害剤による治療が有効と思われるNSCLC患者の特定
  • 対象聴視者

    本活動は、USAおよび日本の腫瘍内科医と病理医の教育ニーズに応えるように設計されています。

  • 認定と単位認定について

    Global Learning Collaborativeは、Accreditation Council for Continuing Medical Education (ACCME)により、医師のための医学生涯教育の提供を認定されています。

    Global Learning Collaborativeは、この永続的な教材を最大0.25 AMA PRAカテゴリー1クレジット™に指定します。医師は、アクティビティへの参加の程度に見合った単位のみを請求してください。

    米国医師会は、欧州諸国の認定機関である欧州医療専門家連合(UEMS)と、医学生涯教育(CME)の単位を相互に承認する協定を結んでいます。AMA PRAカテゴリー1クレジットTM を UEMS-European Accreditation Council for Continuing Medical Education CME credits (ECMECs) に変換することに関心のある医師は、UEMS(mutualrecognition@uems.eu)にご連絡ください。

  • プロバイダー

    ReachMD Healthcare Image

    AGILEAcademy for Interprofessional Learning and Education)は、幅広い疾患や臨AMA床症状に対応した教育を企画、開発、提供しています。  私たちの使命は、医療従事者の能力、パフォーマンス、および患者の転帰を向上させるための臨床情報の信頼できる情報源としての役割を果たすことです。

  • 商業支援

    この活動は、ドイツのダルムシュタットにあるMerckKGaAのヘルスケア事業からの独立した教育助成金によってサポートされています。

  • 免責事項

    本教育アクティビティで述べられている見解や意見は、教員のものであり、必ずしもGLCおよびAGILEの見解を示すものではありません。このプレゼンテーションは、患者管理の排他的なコースを定義することを意図したものではありません。参加者は、ここで提供された情報を適用したり、専門的に使用するために採用したりする際には、自身の臨床的判断、知識、経験、および診断スキルを駆使する必要があります。このアクティビティで議論または提案された手順、薬、その他の診断や治療のコースは、臨床医が患者の状態を評価し、使用における禁忌や危険性の可能性を検討し、該当するメーカーの製品情報を確認し、他の機関の推奨事項と比較することなく使用するべきではありません。他のサイトへのリンクは、追加の情報源として提供されます。


    AGILE以外のサイトへのリンクを選択された場合には、そのサイトの著作権やライセンス制限を含む使用条件に従うことになります。

    複製の禁止

    著作権者の書面による許可なく、本資料を複製することはできません。

    免責事項:このアクティビティで取り上げられている製品の中には、患者の治療のために米国FDAによる規制上の承認を受けていないものがあります。FDAは、「優れた医療行為と患者の最善の利益のためには、医師が最善の知識と判断に基づいて、合法的に入手可能な医薬品、生物製剤、機器を使用することが必要である」と述べています。 

  • Publication Dates

    Release Date:

    Expiration Date:

Facebook Comments

Programs 9/25/21